Instagram 毎日更新 フォローしてね♪

コクレアのアクアプラス感想 3年間 色んな場面で使ってみた

水濡れの心配からの解放

アクアプラスの説明

コクレア アクアプラスとは、人工内耳をつけたまま、水に入れるようにするオプションアクセサリーなんです。

サウンドプロセッサをシリコンのカバーに入れて密封し、専用の送信コイルを装着すれば完成。とっても簡単です。

みどりくんは Nucleus 6をつかっています。
私が購入した時は、3万円しなかったです。
Nucleus 7や、KANSOからも出ています。

コクレア社の説明より引用

どんな環境で使えますか

水深 3 m の静水での使用に 2 時間耐えることができます。泡風呂での入浴、塩素処理された水中や塩水中での水泳をシミュレートした、実生活に即した広範な製品テストを実施しています。

どのぐらい使えますか

テストでは約 50 回使用できることが確認されています。これは、テスト条件での平均値です。使用する頻度やお手入れ方法によっては、これより多く使用できる場合もあります。 使用する都度、使用前、使用後それぞれに、摩耗や損傷の有無をよく確認する必要があります。スリーブ内に水が入り込んでいる場合は、損傷を意味するため、交換する必要があります。

※ちなみに私は、3年間使っていますが、何回使用したか数えていないので分からないですが、一度も交換していません(;’∀’)

場面ごとの感想まとめ

では、実際に使ってみての場面ごとの感想です。
結論からいうと、アクアプラスは買って良かったと満足しています。
本当におすすめ♪
アクアプラスを使ったことで、こどもの世界が広がったと感じました。

自宅のお風呂


初めてつかったのは、みどりくんが年少の時。自宅のお風呂の中でした。
お風呂で声で会話できる。そして、水の音を届けられることが喜びでした。
みどりくんは、重度難聴のため、水の音は一切なく、お風呂では無音状態なんですよね。
水の音を聞くことは初めての経験でした。

お風呂の中での発見

  • シャワーのザーーーという連続した強い音
  • 手で湯船のお湯をバシャバシャした音
  • 洗面器で勢いよくかけたバシャーンという音
  • パチャパチャ小さな水の音
  • お風呂の中では声が少し響いていつもと違った感じになること

祖父母の家にいったとき、手話のできないおじいちゃんと一緒の入浴も、二人で会話ができて楽しそうでした。

銭湯・温泉

お父さんと二人で銭湯に行くときもつけていきました。
お父さんは手話ができるので、無音でも会話には不便していませんでしたが、公共の場所での呼びかけは助かったそうです。
いままでだと、みどりくんは銭湯では無音になるので、呼びかける時は、ちゃんと前にまわって、目を合わせてからでないと通じなかったのです。
こどもは、一人で先に行ってしまう時がよくありますよね。
難聴児の場合、呼んでも振り返らないので、そういう時って困ります。
アクアプラスをつけていれば広い場所でも「みどり!こっち!」と呼びかければ振り向くので、やはり聞こえている状態は親が楽でした。

注意ポイント

  • ジェットバスに入って出て来たら人工内耳がなくなっていた!
    ジェットバスの水圧で吹っ飛ばされて人工内耳が沈んだそうです。
    ジェットバスのため足元が真っ白で見えず、大慌てで探していると、他のお客さんたち数人が手伝ってくれて、無事見つかったそうです。
    落下防止の紐とクリップがあるのですが、裸でクリップをつける場所がない時うちは髪の毛にクリップをとめています。男の子の短髪でも、クリップはほぼはずれませんが、ジェットバスの水圧は要注意です!

プール・海・水遊び

お友達と一緒に市民プールに行った時は、手話ができない聞こえるお友達と声でお話しができるので助かりました。
手話ができない人との水辺でのやりとりが可能になる。
これが一番の恩恵ですよね。
子どももプールに入りながらの会話、楽しそうでした。クリップは、帽子やライフガードにとめていました。
プールの他、海でも無くさないように気を付けて使いました。(海で無くしたらヤバいね・・)
あとは、水鉄砲などを使ったちょっとした水遊びの時も「あぁ・・!人工内耳が濡れちゃう・・!」という心配から解放されるので、思いっきり遊ばせてあげられる安心感があります。

小学校でのプール授業では

  • 小学校のプール授業での使用は、自己管理になります。
    広いプール内で、もし無くしたら出てこないかもしれない。
    大勢が行きかうプールサイドで落としたら踏まれて壊れるかもしれない。
    全て自己責任での使用になると先生から説明を受けました。
    当然ですよね。
    まだ1年生でマイペースな性格なこともあり、無くしてきそう~・・と思ったので、小学校ではまだ使ってしません。

    プール見学して感じたことは、アクアプラスを使っても聞き取りにくい環境であることです。屋外で広いし、人数が100人規模なので、それだけ騒音もすごいです。
    でも、無音よりは少しでも情報が手に入る方が本人にもよさそうなので、学年が上がったら、自己責任で使おうと考えています。

雨の日

雨の日も、アクアプラスにして登校していました。
カッパを着て傘をさしても、それでも濡れるみどりくん・・(みどりくんだけかな?)アクアプラスをつけていれば、濡れてもいいやとおおらかな気持ちでいることができました。

スポーツで汗をかくとき

みどりくんは、一時期 地域のサッカースクールに通っていました。
色々な環境の中で練習があり、状況に合わせてスポーツ時にもアクアプラスを使うことにしました。
例えば、練習中に急に小雨が降ってきても、そのまま続きます。雲行きが怪しい時は、最初からアクアプラスで参加することにしました。
また、晴れていても暑い時期は、サウンドプロセッサが濡れるぐらい汗をかきます。サウンドプロセッサ自体も防水仕様とはいえ・・汗でビシャビシャになっていて、その日の夜に故障しましたので、やはりあまりに濡れるとよくないようです。
このことから、夏のスポーツ時もアクアプラスにしました。

スポーツ時の注意

  • アクアプラスをすると、ロジャーが使えないんです。
    サッカーコーチの指示が届きづらい環境になりました。ロジャーを優先するか、アクアプラスをするか、迷う場面がありました。
    ロジャーについても、近日中に記事をまとめます。
https://fujiyamakae.com/wp-content/uploads/2019/10/9eca2e6d4fc50bf67a1682c9fc1ba3ea.jpg
かえ

実際に使用してみての感想は、 特別な場面でのみ使用するものではないんだなということです。
購入するまでは、本当に使うかなぁ、いるかなぁ?と迷っていたのですが、 日常で気軽に使えて、子どもの世界も広がるので、購入して良かったと感じます。
弟はまだ、手話で上手に会話できないので、お風呂では兄弟間の会話が難しいんですが、アクアプラスをしていたら会話がはずんでいます。普段のお風呂では使っていませんが、たまに使うと楽しそうにお風呂で遊んでいます。

こんな感じで、日常のあらゆる場面で使っています。
以上、ご報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です